1. ホーム
  2. 中古車査定
  3. ≫新車登録13年経った車は下取りも買取も不可?【自動車税と重量税増額問題】

新車登録13年経った車は下取りも買取も不可?【自動車税と重量税増額問題】

あなたは「新車登録をしてから13年が経った車は下取りや買取が厳しい」という話を聞いたことはありませんか?

こういわれている背景には、13年経ってしまうと自動車税と重量税の金額が同時に上がってしまうので、「わざわざそういった車を欲しがる人がいない」という理由があるようなのですが、実際はどうなのかみていきたいと思います。

それではまず、あなたの車にかかる税金がいくらになるのか、具体的な金額を確認してみてください。

13年経つと自動車税は15%、自動車重量税は10%前後上がる

自動車税はその年の4月1日に、車の所有者に対して1年分の税金が課せられるようになっており、13年経つと15%金額が上がるようになっています。

そして、自動車重量税は車検の時に支払うので、普段はあまり意識することのないかと思いますが、あなたが所有している自動車の重量(車体の重さ)に応じて支払う必要がある税金になります。

しかも重量税は13年以降だけではなく、18年以降にも金額が上がるので要注意ですね。

ではまず、あなたの車が新車登録から13年経っているのかどうか、もう一度下の表に照らし合わせてチェックしてみてくださいね。

また、新車登録の年月が分からないという方は、車検証の左上にある「初年度登録年月」という項目に記載されていますよ。

自動車税の支払い年 対象
平成30年(2018年) 平成17年(2005年)3月以前
平成31年(2019年) 平成18年(2006年)3月以前
平成32年(2020年) 平成19年(2007年)3月以前
平成33年(2021年) 平成20年(2008年)3月以前
平成34年(2022年) 平成21年(2009年)3月以前
平成35年(2023年) 平成22年(2010年)3月以前

あなたの車が対象となっているかどうか確認できたところで、なぜ新車登録から13年経つと、自動車税と自動車重量税が上がるのかということについてお伝えしますね。

自動車税と重量税が上がるのは環境に配慮しているため

これを一言でお伝えすると、「環境に悪い車をなくして、エコで環境に優しいハイブリッドカーや電気自動車を増やしたいから」なんです。

これに関して、国土交通省がHPで公開している「平成29年度税制改正の大綱」という公式文書に、燃費性能がより優れた自動車の普及を継続的に促す構造を確立
する観点という一文があるように、国として燃費性能が優れた車を増やして行くための措置ということが分かりますね。

ちなみに、一定年数が経過した(燃費性能が悪い)車への税金を重くし、燃費性能などが優れている車の税率を軽減するというこの措置のことを「自動車税のグリーン化例」と言います。

【早見表でチェック】自動車税の具体的な金額は?

13年経った車は自動車税が15%上がることは先ほどお伝えしましたが、その具体的な金額がいくらになるのか以下の早見表で確かめてくださいね。

あなたの車の排気量がわからない場合は、車検証に記載があるのでそちらを確認してみるか、自動車メーカーのHPにも情報が載っていますよ。

車種 排気量 標準 13年経過
乗用車 1リットル以下 29,500円 33,900円
1リットル超 ~ 1.5リットル以下 34,500円 39,600円
1.5リットル超 ~ 2リットル以下 39,500円 45,400円
2リットル超 ~ 2.5リットル以下 45,000円 51,750円
2.5リットル超 ~ 3リットル以下 51,000円 58,600円
3リットル超 ~ 3.5リットル以下 58,000円 66,700円
3.5リットル超 ~ 4リットル以下 66,500円 76,400円
4リットル超 ~ 4.5リットル以下 76,500円 87,900円
4.5リットル超 ~ 6リットル以下 88,000円 101,200円
6リットル超 111,000円 127,600円

セダンやワンボックスなどは大体1.5リットル~3リットル以下の間に収まってくるかと思いますので、ほとんどの方が年間約5,000円自動車税が高くなるかと思います。

【早見表でチェック】重量税は13年と18年で値段が上がる!

自動車重量税は13年以降だけではなく、18年以降でも値段が上がるので要注意ですね。

以下の表は自動車重量税の早見表なのですが、13年以降、18年以降の金額をエコカーと比較すると、2倍以上の重量税を支払う計算になりますので、2年に1回の車検の時だけではありますが、地味に痛い出費となることが予測されますね。

車両重量 エコカー減税
(初年度)
エコカー
本則税率
13年未満 13年以降 18年以降
0.5t以下 0円 5,000円 8,200円 11,400円 12,600円
〜1.0t 0円 10,000円 16,400円 22,800円 25,200円
〜1.5t 0円 15,000円 24,600円 34,200円 37,800円
〜2.0t 0円 20,000円 32,800円 45,600円 50,400円
〜2.5t 0円 25,000円 41,000円 57,000円 63,000円
〜3.0t 0円 30,000円 49,200円 68,400円 75,600円

自動車税、重量税のどちらも上がるのであれば、車を手放す人も多いかと思いますし、国は燃費性能のいい車(=エコカー)をもっと普及させるために、所有者に対する税金を高くする措置を取っていることがよく分かりますね。

プリウスやインサイトは対象外

先ほどの早見表をみて気づかれた方もいらっしゃるかもしれませんが、プリウスやインサイトなどのいわゆるエコカーは、13年以降でも自動車重量税は上がりませんので安心してくださいね。

また、これはあくまで現状ですので、今後、環境負荷に対する基準がどんどん細かく、厳しくなっていくにつれて、エコカーであっても今よりも税金が上がっていく可能性は否定できませんね。

ではいよいよ、新車登録から13年経った車の買取や下取りが可能なのかという点についてみていきたいと思います。

13年経った車でも買取が可能な4つの理由!

ここまで、細かく税金についてみてきましたが、これを踏まえて「いまさら税金が高い車を買う人なんていないよなー。」と買取を諦めるのは非常にもったいないです。

というのも、13年経った車でもまだまだ需要があり、それを欲しがる方はたくさんいらっしゃるからなんですね。

そしてその代表的な例が以下の4つです。

  • 日本車は海外での需要がある
  • パーツや鉄そのものとしての需要がある
  • 走行距離が短い
  • 人気の車種

日本車は海外での需要がある

よくテレビ番組で海外の取材をしているときに、日本車が走っている光景を目にするかと思いますが、海外では日本車の需要が非常に高く、13年経った車でも欲しがる人はたくさんいます。

そこには、日本車に対する信頼度が高さがあり、「日本車は丈夫で壊れにくい」という評価を受けており、年式が古い車でもまだまだ需要があるのです。

パーツや鉄そのものとしての需要がある

例え、あなたの車がもうボロボロの状態でも、古いパーツを欲しい人がいたり、鉄そのものとして欲しがる方もいらっしゃいます。

特に、古い車となるともうすでにメーカーが部品を生産していなかったり、メーカーそのものが倒産してしまっていたりします。

となると、欲しいパーツをすぐに手に入れることができないので、車を修理する際に必要なパーツを取るためだけに、同じ車をもう1台所有するという方もいるくらいです。

走行距離が短い

一般的に中古車は走行距離が5万キロを超えるあたりから売れににくなってきます。

つまり、走行距離がながければ長いほど、人気が下がってくるというわけですね。

車自体のコンディションは車それぞれですので一概に全てがそうとは言い切れませんが、あなたの車の走行距離が短い場合はプラス査定が期待できますよ。

人気の車種である

未だに強い人気を誇るGTRやランドクルーザー、ジムニーなどは、たとえ古くても欲しがる人はまだまだたくさんいらっしゃいます。

これら人気の車種だけに特化した中古車販売屋さんもあるぐらいですよ。

もちろん、全ての車に対してではないので、対象となる車種は限られてはきますが、あなたの車が該当する場合は、高値で買い取ってくれることもありますし、買い取りのときに値上げ交渉を有利にすすめることも可能です

これらの様に、新車登録から13年経った車でも欲しがる人はたくさんいますし、あなたの車の条件次第では、買い取りで査定アップを狙うこともできることがわかったかと思います。

となると、このまま乗り続けたほうがいいかと思われるかもしれませんが、そこには大きなリスクもあるので、登録から13年経つ前に乗り換えすることをおすすめします。

新車登録から13年経った車の乗り換えをおすすめする3つの理由

もちろん車のコンディションにもよりますが、新車登録から13年経った車は乗り換えすることをおすすめします。

というのも、その車に乗り続けることによって、あなたが以下の3つのデメリットを背負ったままになってしまうからです。

  • ランニングコスト(維持費)
  • 燃費が悪い
  • 車の安全面

車の維持費やメンテナンス費用が高額になる

「どうしてもこの車じゃなきゃ嫌だ」という場合は乗り続けてもいいかと思いますが、趣味ではなくあくまで車を移動手段を考えている方にとっては乗り換えたほうが維持費が低くなるのでおすすめですね。

また、繰り返しにはなりますが、自動車重量税は13年以降だけではなく、新車登録から18年以降にも税金が上がるようになっているので、その点も考慮しておいてくださいね。

そして、走行距離が10万キロを超えてくるのを目安で、サスペンション、タイミングベルト、ドライブシャフト、ブレーキローターが消耗してくるので、交換が必要となってきますし、修理にかかる手間などもかかってきますよ

燃費が悪い=月々のガソリン代が高い

メンテナンス費用とちょっと似ていますが、古い車ほど燃費性能が悪いので、たとえ同じ車種でも13年前のものと現在のものでは燃費が遥かに違います

また、燃費性能が悪いとガソリンを良く消費するので、月々のガソリン代も高くなりがちですので、乗り換えたほうが月々のガソリン代の節約にもなります。

車に故障や不具合が発生しやすくなる

日本車の耐用年数(想定寿命)は約15年となってるので、長く乗ることはできるが、先ほど挙げたタイミングベルトなどの消耗品の交換が必要となってくきたり、故障が発生しやすくなります

日本車の場合、定期的なメンテナンスをしていれば、日本のタクシーのように40万キロ走れたりということも十分に可能となっていますが、忙しい社会人の方には定期的なメンテナンスをする時間が取れない方も多いのではないでしょうか。

メンテナンスがこまめにできない場合は、急なトラブルを避けるためにも乗り換えがおすすめですね。

乗り換えをするなら買取に出すのがおすすめ!下取りはNG!?

車の乗り換えをする際に、買取業者に買い取ってもらうかディーラーに下取りを依頼するのが一般的かと思いますが、13年経った車は必ず買い取りに出してくださいね。

というのも、ディーラーで下取りに出すと下取り金額がほとんどつかないばかりか、処分費用を請求されることもあるからです

デイーラーは基本的に新車をあなたに買ってもらいたいので、下取りに出された車の価値をほとんどゼロとして考えているケースが多くあります。

また、ディーラーは海外などへの販路(販売先)を持っていないことも多く、あなたから車を下取りで手に入れても、自社の店頭で販売するぐらいしかその中古車を販売することができないのが現状なんです。

あくまで新車を売るのがディーラーの目的なので、中古車を売ってもなんの特にもなりませんし、新車販売台数に応じて自動車メーカーからもらえるインセンティブ(報奨金)には中古車の販売台数は実績とはならないので、売っても意味が無いというわけですね。

その点、買取業者は海外などへの販売先も持っていますし、中古車市場の価格に照らし合わせて、あなたの車の価値を査定してくれます。

買取業者にとってあなたの車は商品の仕入れ仕入れにあたるので、査定のチェックが厳しいこともあるかもしれませんが、きちんと市場価値を考慮して査定額を出してくれるので、かならず買い取りに出してくださいね。

「でも、休みの日にわざわざ車を持っていって査定してもらうのはけっこう手間だし、正直言ってめんどくさい」という方にこそおすすめなのが「かんたん査定ガイド」になります。

スマホから必要事項をたった9項項目入力するだけで最大10社に査定依頼を出すことができるので、忙しいあなたにもぴったりな査定方法ですね。

そしてもちろんタダ(完全無料)で利用することができますし、なんといっても東証一部上場企業のエイチームのグループ会社が運営しているので、安心して利用することができますよ。

愛車ペディア

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。