1. ホーム
  2. 中古車査定
  3. ≫車のボディカラーで下取り額・査定額に影響が!赤・黄色は売却額に悪影響?

車のボディカラーで下取り額・査定額に影響が!赤・黄色は売却額に悪影響?

あなたは、「下取り額や査定額に車のボディカラーが影響する」という噂を聞いたことがありませんか?

このことについてネットで調べてみると、「車種や年式などの条件が全く同じ2台があったとして、ボディカラーが違うだけで10万円以上も査定額に差が出ることもある」などといった情報ができますね。

そもそもそれは本当なのか、また、ボディカラーによって査定額が低く見積もられることがあるのでしょうか。

そして今回は、車のボディカラーが査定や下取りにどれだけ影響を及ぼすのかという点とついてお伝えしていきますね。

車のボディカラーが下取り額・査定額に影響がある理由

まずはじめに、下取り額や査定額に車のボディカラーが影響しているか、そうでないかという点をはっきりとさせておきましょう。

結論からお伝えすると、ボディカラーは査定額や下取り額に影響があり、そこには明確な基準があるんです。

そしてその基準は単純に、その色の人気(需要)が高いからなんです。

実は、人気の度合いによって左右されるのはその車種だけではなく、ボディカラーについても同じことが言えるんですね。

人気(需要)が高いボディカラーは査定額も高くなる

人気(需要)が高いボディカラーの車はつまり、世の中の多くの人が欲しがっている車ということになりますよね。

つまり、買取業者からしてみれば、車を仕入れた後すぐに高値で売れる可能性が高いので、査定に高値をつけて買い取っても全然問題ないということなんです。

あなたが査定に出す車は、買取業者にとっては仕入れになるので、状態がよく人気のある(売れやすい)車を仕入れたいのは当たり前ですよね。

ですのでもし仮に、仕入れた車がずーっと売れ残ってしまった場合、買取業者にとっては損(在庫リスク)でしかないので、できるだけ人気があるボディカラーの査定金額が高くつけられるというわけです。

車のボディカラーはあくまで査定項目の1つに過ぎない

ここまでお伝えした内容を考えると「うちの車はちょっと個性的(奇抜)な色だから査定金額を叩かれそうだな」と思うかもしれませんが、安心してください。

車のボディカラーはあくまで、査定項目の1つに過ぎないので、他の項目で十分あなたの車の査定をアップしてもらうことが可能です。

そして大まかに査定の項目をお伝えすると、

  • 車種
  • 走行距離
  • 年式
  • キズや汚れ
  • エンジンの状態
  • 修復履歴
  • 車検の残り期間

となっており、実際にはこれよりももっとの多くの項目をチェックされて査定金額が算出されるんです。

そして、車のボディカラーについてはそのうちの1項目にすぎませんので、仮にあなたの車が人気のないボディカラーだとしても、それほど気にすることはありませんし、他の査定項目で十分に補うことが可能です。

また、もし仮に、ボディカラーが人気のものでも、エンジンがボロボロの状態だったら査定額も低くなりますので、査定は車の状態を考慮した総合評価になるので、ボディカラーはその中の1項目であるということを忘れないで下さいね。

下取り額・査定額が高くなる色は白・黒・グレーなどのモノトーン系

ここまでを踏まえて、下取り金額が高くなる(プラス査定になる)具体的なボディカラーについてお伝えしていきますね。

モノトーン系のボディカラーが高く売却できる理由

基本的に白、黒、グレーなどのモノトーン系の色がプラス査定になりやすくなっています。

というのも、こういったモノトーン系のボディカラーは無難で、どの年齢層にも一定の人気があるからなんです。

世の中には、好きな色(自分らしい)の車に乗りたい人がいる一方で、とにかく当たり障りのない色がいいと考えている方も非常に多くいらっしゃいます。

そういった方々は、車をあくまで交通手段の1つとして考えているので、比較的手入れが楽な白や黒と言ったボディカラーを好む傾向にありますね。

ちなみに、アメリカのアクサルタ 社という大手塗装企業が毎年発表している「自動車人気色調査報告書」の2017年の結果では、アジアで最も人気の車の色は白となっており、なんと全体の52%となっています。

そして2位は黒で14%、3位はグレーの10%となっていますので、やはりモノトーン系の色が人気の色となっていますね。

こういったモノトーン系の色は、汚れやキズが目立ちにくいということもあり、世界的にも人気の傾向となっていますよ。

モノトーン系(白・黒・グレー)以外にも人気があるボディカラー

白や黒といったモノトーン色が人気もありプラス査定になりやすいのですが、それ以外にも査定金額がアップが見込めるボディカラーもあります。

カタログの表紙や公式サイトに載っているイメージカラーも人気

その色は、その車のイメージカラーとなっているボディカラーのことで、カタログの表紙や公式サイトのトップページに載っている色のことですね。

カタログの表紙や、公式サイトのトップに載っているボディカラーは、メーカーがその車のイメージカラーと設定している色ですし、新車販売時に最も力を入れて売り込みをかけるの色ですので必然的に人気が出るようになります。

新車購入時に人気のあるカラーは納車が半年待ちなんてこともあるぐらいですので、その人気は基本的に中古車市場でも変わることはありません。

車のイメージや映画・ドラマに出てきた色も人気の傾向

また、「赤  = ポルシェ」の様に、その車(車種)にある一般的なイメージの色もプラス要因になりますし、人気映画やドラマに出てきた色も人気が出る傾向があります。

映画やドラマでの名シーンに使用されている色は、その映画のファンにとってはたまらないもので、マニア価格になることもありますね。

このように、白、黒、グレー以外でも人気があるボディカラーもあるので、あなたの車も実は人気がある色だったという可能性は否定できませんね。

では次に、あまり人気がないボディカラーについてお伝えしていきますね。

赤・黄色は売却に悪影響がある理由

査定金額がアップしづらいボディカラーは赤や黄色、ピンク等といった個性的な色が挙げられます。

これは先ほどとは逆の理由で、これらは世の中の殆どの方に好まれる色(もしくは嫌がられることがない色)ではないので、よほどの理由がないかぎり、必然的に人気が低くなっていくんですね。

逆に、そういった珍しいボディカラーを好む方もいらっしゃいますが、そういった方はほんのごく僅かですので、プラス査定になる可能性は低いと考えていいでしょう。

まとめ

今回は、車のボディカラーと下取り額・査定額との関係についてお伝えしてきました。

ボディカラーは世界的にもモノトーン系(白、黒、グレー)のものほど人気が高く、赤や黄色などといったちょっと個性的なものは人気が低くなりがちです。

しかし、車のイメージカラーや、映画などで使用されたボディカラーなどの場合はプラス査定が見込まれますので、査定に出す場合はその点は十分アピールしておく必要がありますね。

しかしここで、

「でも、うちの車は人気の色ではないし、査定に出しても値段がつかないかも」

と諦めていては非常にもったいないですね。

たしかに、査定額や下取り額にボディカラーは影響していますが、それは数あるチェック項目の中のたった1項目でしかありませんし、その他の査定項目が良ければ高値で売却することも十分可能です。

しかも、私がおすすめしている「かんたん査定ガイド」では、スマホでたった9項目の入力をするだけで、最大10社に査定を申し込むことができますし、その費用は無料(タダ)です。

あなたはスマホで必要項目ポチポチ入力するだけでいいので、1分程度あれば査定依頼が完了してしまいますし、この手軽さが人気の一括査定サービスとなっています。

もちろんあなたが査定額に納得しないのであれば、売却しないというのもありですので、1件1件買取業者に行って査定してもらう手間を考えたら非常に手軽ですし、費用もかからないので、完全にノーリスクであなたの車の価値を知ることができますよ

愛車ペディア

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。