1. ホーム
  2. 新古車・未使用車
  3. ≫【必見】新古車を値引きで購入する具体的な方法3つ《※トータルコストに注意》

【必見】新古車を値引きで購入する具体的な方法3つ《※トータルコストに注意》

  • 新車は手が出ないけど新古車ならなんとか手が届きそう
  • どうしても誰も乗ってない車がいい
  • 新古車を安く手に入れたい

新古車は、新車と比較すると安く手に入れることができ、しかも状態は新車とほぼ同じということもあり非常に人気があります。

また、新車も新古車も外見では全く区別がつかないので、どうしても新車じゃなきゃ嫌だという方以外は、新古車の方が状態の良い車を安く手に入れることができます。

そこで今回は、新古車を値引きで買うことができる方法と購入時の注意点に加えて、新古車のメリットデメリットについてお伝えしていきますね。

そもそも新古車とは?どこで買える?

新古車の定義と未使用車について

そもそも新古車とは、所有者の登録を済ませてはいるけれども、使用(走行)していない車のことを指しており、新古車として売りに出される車のほとんどは、過去にディーラーの展示用や試乗用としての用途で使用されていた車たちなんです。

もちろん当然ですが、ディーラーは1年中ずっと同じ車を展示しているわけではないので、展示や試乗の車を定期的に入れ替える必要があり、その時になって初めて新古車が売りに出されます。

新古車はディーラーでずっと管理されていた車なのでメンテナンスが行き届いており、中身が新車と同様でかつ、新車よりも値段が安いというのが魅力的なポイントとなっているので、少しでも安く状態のいい車を手に入れたいという方に根強い人気があります。

ひょっとするとあなたは新古車という言葉を聞いて、「新しいのに古いってどういうこと?」と思われたかもしれませんが、これは、車自体は使用(走行)されてないのだけれど、1度登録がされて他の人の手(自動車ディーラー)に渡っていたという意味合いを込めてで「古い」という漢字を使用しているだけですので、決して使い古した車という意味ではありませんよ。

でも新古車という呼び方はなんだかちょっと分かりづらいですよね。

そこで最近では、この新古車という呼び名が消費者に誤解を招くとして、未使用車という呼び名を使用しているところが多くなっています。

さらに、この新古車という呼び名は、公益法人自動車公正取引協議会では不当表示に当たるとされているので、世間一般では未使用車という呼び名の方が一般的になりつつあります。

新古車(未使用車)はどこで買える?

新古車は1度登録が済まされていることから、あくまで中古車として取り扱われていますので、購入できるのは中古車販売会社や自動車ディーラーとなっています。

このうち、最も簡単で探しやすく選択肢が豊富なのは、中古車販売店になりますので、お手持ちのスマホやパソコンで「車種名(プリウスなど)未使用車」と入力して検索すると、中古車販売業者の公式サイトが表示されるので、10秒程度であなたが欲しい車種の新古車(未使用車)の情報を確認することができますよ。

また、中古車販売業者以外にも自動車ディーラーでも新古車を購入することも可能となっていますが、以下の2つの理由からお気に入りの新古車を探すのはちょっと手間がかかります。

  • いつも新古車を販売しているわけではない
  • 選択肢が少ない

先ほどもお伝えしましたが、新古車は基本的にディーラーが展示用や試乗用として自社購入した車ですので、その入れ替えの時期にしかディーラーに置いていない可能性が高いのです。

基本的にディーラーは新車を購入してほしいので、新古車を店頭に並べていることはほとんどありません。

たまたまキャンセルが発生した時や、車の入れ替えのタイミングでしかディーラーで新古車を購入することができないので、今すぐ欲しいという方にはあまりおすすめできません。

また、ディーラーで新古車を購入する場合、選べる車の選択肢が非常に狭くなってしまいます。

例えば、あなたが欲しい車種がそもそも新古車として販売されていなかったり、販売されていても好みのカラーがなかったりといった具合です。

ディーラーは新車の発売のタイミングで展示用の車を入れ替えるので、ディーラーであなたが欲しい車種の新古車を購入できるかどうかはタイミング次第といったところでしょうか。

新古車を購入するメリットデメリット

新古車を購入するメリット

もし仮に、あなたが新古車を購入したとすると、以下の5つのメリットがあります。

  • 修理歴などが明確にわかっている
  • 整備が行き届いている
  • 車検が長く残っている場合が多い
  • 4月1日以降に購入した場合は初年度の自動車税が既に支払われている
  • メーカー保証継承や延長も可能

新古車はディーラーが管理していた車ですので、メンテナンスがきっちりとされており、修理歴などが明確になっています。

また、ディーラーが所有者の登録を行っているので、車検が長く残っていたり、中にはメーカー保障がそのままそっくりついてくるものもあります。

また、4月1日以降に新古車を購入した場合は、翌年の税金がすでに支払われた状態の車を購入することができるので、まるまる1年間分の税金を支払う必要もありません。

このように新古車は、車のコンディションも良く、様々な保障や費用といったものをそのままそっくり引き継ぐことができるので、購入にかかる費用と毎月かかる税金などのランニングコストを抑えることも可能です。

また、余談ですが納車が早いのも新古車の特徴ですね。

平均すると、1週間から2週間程度ですので、急ぎで車が欲しいという方にはぴったりですね。

新車の人気車種だと、納車まで半年待ちなんてものもあるので、それから考えるとすぐにお気に入りの車に乗れるというメリットもあるかと思います。

新古車のデメリット

新古車のデメリットはこれといって見当たらないのですが、あえて挙げるとすればある程度妥協はしなければならないという点ですね。

もちろん新車ではないので内装がちょっと好みじゃなかったり、カーナビやETCが搭載されていなかったり、パワーウィンドウじゃないなどと、新車であれば本来、オプションで追加していく項目をあなたが選ぶことはできません。

新古車を値引きで買う方法

ここからは、新古車を値引きで手に入れる方法についてお伝えしていきますね。

一般的に新古車は、車のコンディションが良いので、なかなか値引きができないと思われているかもしれませんが、そんなことはありません。

ちょっとしたことで数万円違ってくるので、新古車を値引きで購入するには具体的に以下の3つのポイントをおさえておいてください。

  • 決算時期などを狙う
  • モデルチェンジ後を狙う
  • ディーラーより中古車販売業社

新古車を購入するベストなタイミングは決算時期

決算時期は売り上げ目標をクリアしようと、各企業が独自のキャンペーンを打ち出していたりしますね。

日本の企業は3月決算が多いので、2月〜3月を狙って購入すると、大幅な値下げが期待できます。

また、これと同じ時期には車を乗り換える方も多いので、業者との交渉の際に、「新車かこっちの新古車で悩んでいる」などど交渉を進めることで、新古車を値引きさせることも可能です。

また、この時期に車を乗り換える方が多い理由は、自動車税があるからです。

自動車税は4月1日時点での車の所有者に対してかけられる税金ですので、「この車をもう3年乗ってるし、今年の9月に車検があるから、もういっそのこと下取りにでも出して新車にしようかな」という方が多いんです。

たしかに、乗り続ければそれだけ故障のリスクは高まりますし、そのような車に税金をまた1年分払って乗り続けるよりも、新しい車にしたほうがいいという考えも納得できますね。

このような方が多いので、ディーラーも中古車販売業社も3月納車のスケジュールはパンパンなんです。

いくら新古車の納車が早いといっても、3月に購入して3月中に納車される保証はありませんので、できれば1月2月から早めに交渉を進めておいでくださいね。

モデルチェンジ後の型落ちした新古車は狙い目

モデルチェンジや、ニューモデルが発売された後は、ディーラーも新車の販売に力を入れます。

当然ですが、ディーラーは新しいモデルを販売したいので、店頭に展示してある古いモデルのものを店頭から引き下げて、新しいモデルの車を展示します。

この時、大量に同じ車種の新古車が発生することで価格競争が生まれるので、新古車を安く購入することができますよ。

あなたが狙っている車種のモデルチェンジが発表された後は台チャンスですので、新しい情報は細かくチェックしておいてくださいね。

ディーラーよりも中古車販売業者の方が値引き率が高い

新古車は中古車販売業社でもディーラーでも購入することができますが、中古車販売業社の方がより安く購入することができます。

ディーラーはあくまで新車を購入してもらいたいため、新古車を大幅に値引きしてしまうと、新車が売れなくなってしまう可能性を自ら高めてしまいます。

なぜそこまでしてディーラーが新車にこだわるのかというと、自動車メーカーからの報奨金が欲しいからなんです。

自動車メーカーはディーラーに対して、新車の販売に貢献してくれたという名目で報奨金をあげています。

この報奨金は新車の販売台数に応じて金額が変わってくるため、ディーラーにとってはボーナスみたいなものです。

その一方で、新古車は販売しても販売価格以外に1円ももらうことができません。

つまりディーラーにとって新古車は、報奨金もないし、値引きしたら新車が売れなくなるというほぼメリットのない商品ということになりますね。

新古車を購入する際の注意点2つ!

新古車を購入する際の注意点は以下の2つになります。

  • トータルコスト
  • 下取りではなく買取

ローンの場合トータルでいくら払うのかを必ずチェック

これは、ローンを組んで新古車を購入する方に注意していただきたいポイントなのですが、必ずローンの金利と、トータルで支払う金額をチェックしておいてください。

金利によってはトータルで支払う金額が新車と変わらないなんてこともありますし、この支払額だったらもうちょっと足して新車にした方がいいと思うかもしれませんので、細かくチェックしていきましょう。

新古車を購入する場合、車体の購入価格にのみ目が行きがちですが、ローンを組んだ際は必ず支払いシミュレーションの総額の欄をチェックしてから判断するようにしてくださいね。

そして、ローンの金利は交渉できることもあるので、購入の前に必ず金利交渉をしてください。

たかが1%ぐらいと思われるかもしれませんが、たった数%で支払い総額が数万円も変わってきますので、最後まで気を抜かずに交渉してくださいね。

乗り換えの場合は下取りではなく買取に出す理由

あなたがもし、今乗っている車から新古車へ乗り換えるとなった場合、今乗っている車を下取りに出すと損をしてしまいます。

というのも、下取りに持ち込んだほとんどのケースで、下取り価格を相場よりも低く見積もられてしまうからです。

そして、下取り価格を相場よりも低く見積もることで儲けた差額を、今度は見積もりの値引きの欄に上乗せして、大幅な値引きをしたように見せかけてくるケースがよくありますので引っかからないように注意してください。

このトリックに引っかからない簡単な方法は、新古車の購入先と今乗っている車の売却先を別々にすることです。

まずは今乗っている車を1番高く買い取ってくれる所に売却して、売却したお金を頭金にして新古車を購入することで、業者のトリックに引っかかることもありませんし、これによって多少の手間はかかりますが、あなたが損をしてしまうことはありません。

実際、車の買取の現場では業者によって買取価格が数万円から10万円単位で差が生まれることも珍しくありません。

あなたが損をしないためにも、新古車の購入先と今乗っている車の販売先は必ず分けてください。

ちなみに、今乗っている車を買取に出す際には複数の業者を競わせて、最高値で買い取ってくれる業者を探しましょう。

でも、平日働いていているのでなかなか車を査定に出すことができないという方も多いと思いますし、正直言って買取の査定をとるのにあちこちに行ったり、電話で査定の依頼をするのは非常に手間がかかります。

しかし、その作業がたったの1分程度でできるとしたらどうでしょうか?

あなたが一括査定というサービスを利用することで、手間もほとんどかかることなく、複数の業者に査定の依頼を出すことができるので非常におすすめです。

ちなみに私がおすすめしている一括査定は「かんたん車査定ガイド」というサイトで、1分程度スマホで必要事項を記入すれば、最大で10社に対して査定の申し込みをすることができます。

しかもこちらのサイトは株式会社エイチーム(東証一部上場)のグループ会社が運営しているので、セキュリティ面も安心できますので、あなたが登録した情報が外部に漏れる可能性は限りなく低くなります。

また、2017年9月時点で利用者が280万人を超えているという実績もあるので、それだけ人気のサイトとなっているのですが、なんとその利用料が無料(タダ)となっています。

何よりスマホでサクサク査定依頼ができるので、手間も時間もかからないだけではなく、これを利用することであなたが損してしまうリスクを回避することができますので一石二鳥ですね。

まずは査定の依頼をして、あなたの車が一体いくらの価値があるのかだけでも知っておくと、新古車購入のに必要な自己資金が大体いくらぐらいなのか目安を付けることができますよ。

愛車ペディア

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。